医療法人 ませき耳鼻咽喉科

名古屋市中川区下之一色町波花121-1
TEL.052-301-4133
文字の大きさ
標準
大きく
ませき院長
理事長 ませきてつろう あいさつ
インターネット予約
子どもの病気

花粉症の治療(レーザー治療)

ある物質(抗原)に対して、体が過敏な反応を示すことをアレルギーと言いますが、中でも。スギ花粉などの花粉によって引き起こされるアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎などを総称して、花粉症と言うことがあります。
花粉症の治療にあたり大切なことは、「自分が何に対して、どのくらいの強さのアレルギーを持っているのか」を知ることであり、アレルギーを起こす物質を回避することから始まります。

検査

血液検査を行います(保険適用)

薬物療法

患者さんお一人お一人に合う薬を相談しながら探し、内服と外用薬を組み合わせ処方します。
外用薬は主に合成ステロイド薬ですが、副作用が少なく効果も高いです。
用法容量を守って気長に治療されることが大切です。
※花粉症の予防注射と言われているものは、さまざまな副作用の心配がありますので当院では行っておりません。

レーザー治療(手術療法)について

当院では花粉症を始めとするアレルギー性鼻炎の治療に、最新のレーザー照射による治療を取り入れています。鼻の粘膜でのアレルギー反応を起こりにくい状態にして、アレルギー反応を抑制するもので、同時に粘膜の体積も縮小するため鼻閉にも効果があります。花粉症の場合、花粉の飛ぶ1ヶ月前(1月末)までに治療を行うことで症状が軽くなります。根本的な治療法ではありませんが、効果は1〜3年ほど続くといわれます。

  • 治療は短時間で済みます。
    ※ただし何回か繰り返して行うことがあります。
  • 痛みは少なく、出血はほとんどありません。
  • 薬の量を減らせる可能性があります。

下甲介という粘膜をレーザーで焼灼してアレルギー反応を起こりにくくし、鼻づまり、くしゃみ、鼻水といったアレルギーの諸症状を緩和する治療法です。

レーザー治療をおすすめする方

アレルギー性鼻炎花粉症の方で、特に以下のような方です。

  • 一年中鼻づまり症状のある方
  • 長期の通院が困難な方
  • 常に薬を服用していないと快適な日常生活を送れない方
  • 薬による治療で効果の乏しい方
  • 薬の量を減らしたい方

高校生以上の方から可能です。


Lezawin IIを導入しました

レーザー治療費の目安

保険適応となります
3割負担の場合で、12,000円位(その他検査、薬代は含みません)となります。

レーザー治療後の注意点

レーザー治療後は、普段の生活、事務仕事程度は可能です。
激しい運動や飲酒は1週間程度控えてください。

舌下免疫療法

免疫療法とは、病気の原因となるアレルゲンを少ない量から徐々に増やして体内にいれることで、体に慣れさせて症状を軽くしたり、根治させる治療法です。口の中に垂らす薬や、口の中で融ける錠剤の使用で、従来の注射治療による痛みがなく、自宅での治療が可能です。

当院ではスギ花粉症・ダニアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法を行っています。
ご希望の方は当院までお問い合わせください。


舌下免疫療法については次のページもご覧ください。
舌下免疫療法(スギ花粉症・ダニアレルギー性鼻炎)